手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

手のひらのいぼの原因であるウイルスとは?

手のひらのいぼの多くは、ウイルスが原因でできます。

ウイルスが原因でできるいぼをウイルス性いぼ、もしくはウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼びますが、ウイルスにもいくつか種類があることを知っておいたほうが良いかもしれません。

ここでは手のひらのいぼの原因であるウイルスといぼの種類はもちろん、治療法についてもお伝えしたいと思います。

手のひらのいぼの原因となるウイルスの種類

手のひらのいぼの原因となるウイルスは、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)です。

ただ、ヒト乳頭腫ウイルスにもいくつか種類があり、ウイルスの種類によっていぼの名称が違います。

以下、ウイルス性いぼの種類ごとの原因ウィルスを記載しますので、ご参考ください。

尋常性疣贅

尋常性疣贅は、HPV2/27/57の感染によって生じるいぼです。

怪我をしやすい指などにできることが多く、最も一般的ないぼといっても良いでしょう。

扁平疣贅

扁平疣贅は、HPV3/10/28の感染によって生じるいぼです。

顔面にできることもありますが、これは髭剃りや眉剃りなどの時に皮膚に傷がつき、ウイルスに感染してできることが多いとされています。

尋常性疣贅とは異なり、シミのようないぼですので、いぼとは思わず、そのまま放っておく方も多いようです。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは、HPV6/11の感染によって生じるいぼです。

性感染症の一種であるため、主に性器や肛門部にできると言われています。

性交渉によって皮膚に傷がつき、ウイルスに感染して尖圭コンジローマになるケースが多いようです。

足底疣贅

足底疣贅は、HPV2/27/57の感染によって生じるいぼです。

尋常性疣贅と比べるといぼの高さは低いことが多いのですが、足底は体重がかかるため、痛みを伴うケースが多いとされています。

指状疣贅

指状疣贅は、HPV8/27/52の感染によって生じるいぼです。

指をすぼめたような形をしており、顔面などにできると増殖しやすいと言われています。

その形から、糸状疣贅と呼ぶこともあります。

手のひらのウイルス性いぼの治療法

手のひらのウイルス性いぼは、基本的に病院の皮膚科で治療することになります。

では、皮膚科ではどのような治療が行われているのでしょうか。

以下で皮膚科が取り入れている代表的な手のひらのいぼの治療法をまとめてみましたので、ご参考ください。

液体窒素療法

病院の皮膚科が取り入れている最も代表的な手のひらのいぼの治療法が、液体窒素療法です。

その名の通り、超低温の液体窒素をいぼに塗布し、除去する治療法なのですが、治療時に強い痛みがあるのがデメリットかもしれません。

治療効果は高く、施術後は1週間から2週間おきに病院に通院し、3ヶ月程度治療を続けることになります。

ちなみに、液体窒素療法は保険適用です。

レーザー治療

レーザー治療は、炭酸ガスレーザーなどをいぼにあて、熱エネルギーによっていぼを除去する治療法です。

施術時には局所麻酔が使用されるため、痛みを感じることはほとんどありません。

また、いぼの状態や数にもよりますが、通常は10日から14日で治療が終わるという点も大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、レーザー治療は保険の適用外です。

ヨクイニン

ヨクイニンは、ヨクイニンエキスを配合した内服薬を服用する治療法です。

ヨクイニンエキスには炎症を抑える作用は免疫力を高める作用があるため、服用し続けるうちに免疫力が高まり、いぼの除去につながると考えられています。

ただし、治療期間は非常に長く、中には手のひらのいぼの完治まで1年程度かかった方もいらっしゃるようです。

なお、ヨクイニンエキス配合の内服薬は病院で処方してもらえる他、ドラッグストアや薬局、ネット通販で購入することもできます。

手のひらのいぼの治療法についてもっと知りたい方は、下記ページにアクセスしてチェックしてください。

⇒「手のひらのいぼの治療法を教えます」

ウイルス性いぼの予防法

ウイルス性いぼを予防するには、免疫力を高めることが大きなポイントと言えるでしょう。

免疫力が低い時はウイルスに感染しやすいため、当然いぼができる可能性も高くなります。

つまり、免疫力を普段から高めておけば、いぼの原因となるウイルス感染を予防できる可能性があるのです。

その意味からも、ヨクイニンエキスを普段から摂取すると良いでしょう。

また、怪我をした時はすぐに殺菌・消毒し、ウイルスが侵入しないよう絆創膏などで傷口を保護することも大切です。

ウイルス性いぼと老人性疣贅の違いは?

ウイルス性いぼと老人性疣贅の最大の違いは、感染するか否かということでしょう。

ウイルス性いぼはウイルスが原因となってできるいぼですので、他の部位に感染する可能性があります。

一方、老人性疣贅はウイルスが原因ではなく、加齢による代謝の遅れが要因とされていますので、他の部位に感染することはありません。

ちなみに、老人性疣贅は脂漏性角化症のことであり、皮膚に蓄積された皮脂がいぼになると言われています。


pagetop