手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

手のひらのいぼ 難治性になった時の治療法

手のひらのいぼは、芯が奥深くになると難治性に、つまり治療が難しくなる可能性があります。

難治性いぼは病院での治療が不可欠です。

ここでは手のひらのいぼが難治性である時の対処法を説明しますので、ぜひお役立てください。

手のひらの難治性いぼとは

手のひらの難治性いぼとは、芯は皮膚奥深くにあり、治療が困難ないぼです。

通常の治療ではいぼの芯を取り除けない可能性があり、しっかり治療しないといぼが再発してしまうでしょう。

手のひらのいぼは難治性になりにくいと言われている一方で、足底のいぼ、つまり足底疣贅(ゆうぜい)は負担だから体重がかかる部位であるため、いぼの芯が皮膚の奥まで入り込み、難治性いぼになる可能性があると言われています。

手のひらの難治性いぼの治療法とは

手のひらの難治性いぼは、病院の皮膚科で治療することになります。

以下、病院の皮膚科で行われている難治性いぼの治療法をいくつか紹介したいと思いますので、難治性いぼにお悩みの方はぜひご参考ください。

液体窒素療法

手のひらのいぼに最も効果的とされているのが、液体窒素療法です。

ただし、難治性いぼの治療ではまずいぼ掘り療法によっていぼの表面を削り、それから液体窒素をいぼにあてて治療することになります。

治療期間は通常であれば3ヶ月程度となり、その間は1週間から2週間に1度のペースで皮膚科通院することになるでしょう。

ちなみに、液体窒素療法は凍結療法と呼ばれることもあります。

ヨクイニンエキス療法

難治性いぼは治療が困難であるため、液体窒素療法と同時にヨクイニンエキス療法が行われることもあります。

ヨクイニンエキス療法とは、ヨクイニンを配合した医薬品を服用し、免疫力を高める治療法です。

ヨクイニンエキス配合の薬は皮膚科で処方してもらえるほか、薬店や薬局でも購入できます。

ちなみに、ごく軽度の手のひらのいぼであればヨクイニンエキス配合の薬だけで治療できる場合もあるようですが、治療期間には個人差があり、中には手のひらのいぼが完治するまで1年程度かかった方もいらっしゃるようです。

なお、液体窒素治療、レーザー、ヨクイニン治療については下記ページで具体的に解説していますので、チェックしてください。

⇒「手のひらのいぼの治療法を教えます」


pagetop