手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

手のひらのいぼの治療法 液体窒素

手のひらのいぼの治療法の中で最も用いられているのが、液体窒素です。

液体窒素療法は治療効果が高いとされており、多くの病院の皮膚科が液体窒素療法を取り入れています。

ここでは手のひらのいぼの治療法である液体窒素療法について詳しく説明しますので、ご参考ください。

手のひらのいぼの治療法 液体窒素療法とは?

手のひらのいぼの代表的な治療法である液体窒素療法は、マイナス196度という超低温の液体窒素を手のひらのいぼに塗り、ウイルスごと除去する治療法です。

主に尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)などウイルス性いぼの治療に用いられる治療法で、病院の皮膚科で受けることができます。

液体窒素療法のメリット

  • 完治する可能性が高い
  • 保険が適用される

液体窒素療法のデメリット

  • 治療時に激しい痛みを伴う
  • 3ヶ月程度通院しなければならない

ヨクイニンエキスとの併用がおすすめ

難治性いぼなど液体窒素療法だけでは治療が難しいいぼの場合、ヨクイニンエキスとの併用がおすすめです。

ヨクイニンエキスを使用した服用薬は病院の皮膚科で処方してもらえますし、ドラッグストアや薬局でも購入できます。

尋常性疣贅などウイルス性いぼは免疫力の低下が大きな要因のひとつと考えられていますが、ヨクイニンエキスには免疫力を高める作用がありますので、手のひらのいぼの治療はもちろん、再発予防にも良いかもしれません。

なお、手のひらのいぼの治療法は液体窒素やヨクイニンだけではありません。

レーザー治療なども手のひらのいぼの治療法として用いられていますので、各治療法を比較したい方はこちらのページを参考にしてください。

⇒「手のひらのいぼの治療法を教えます」


pagetop