手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

手のひらのいぼの治療法を教えます

手のひらのいぼの治療法は、いぼの種類や状態などによって異なる場合があります。

いぼを大きく分けると、ウイルスが原因となってできる尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と、加齢が原因となってできる老人性疣贅とがありますが、それぞれのいぼで治療法が異なる場合がありますので、以下でおさえておきましょう。

手のひらのいぼの代表的な治療法

手のひらのいぼの代表的な治療法として、液体窒素療法、レーザー療法、ヨクイニン療法が挙げられます。

いずれも病院の皮膚科が取り入れているいぼの治療法です。

以下でそれぞれの治療法について詳しく見ていきましょう。

液体窒素療法

液体窒素療法は、病院の皮膚科で広く用いられている手のひらのいぼの治療法です。

-196度の液体窒素を綿棒などに浸し、それをいぼに直接塗布し、ウイルスの死滅を狙う治療法なのですが、治療時には強い痛みがある点がデメリットと言えるでしょう。

ちなみに、液体窒素療法でいぼを治療する場合、治療期間は3ヶ月程度とされています。

レーザー療法

レーザー療法は、炭酸ガスレーザーや紫外線などをいぼに照射し、熱エネルギーによってウイルスの死滅を狙う治療法です。

液体窒素療法とは異なり、残念ながら保険は適用されません。

ちなみに、治療時には局所麻酔を使用するため、痛みを感じることはほとんどないでしょう。

治療期間は非常に短く、いぼの数や状態などにもよりますが、10日から14日程度で完了します。

ヨクイニン療法

ヨクイニン療法は、ヨクイニンエキスを配合した医薬品を服用する治療法です。

ヨクイニンはハト麦の皮を剥いだ種子のことであり、ヨクイニンエキスはその種子から採れるエキスです。

ヨクイニンエキスそのものにいぼの原因となるウイルスを撃退する力はないのですが、免疫力を高める作用があるため、結果的にイボの治療につながると考えられています。

多くの病院でもヨクイニンエキス製剤を処方しており、液体窒素療法など他の治療法と併用することが多いようです。

なお、いぼは手のひらだけではなく、首など全身にできます。

治療法については手のひらのいぼとそう変わりありませんが、首のいぼの治療法についてもっと知りたい方はこちらのサイトを確認してください。

⇒「首のいぼを治療するには?病院でしか治療できないの?」

液体窒素治療が必要ないぼは?

液体窒素療法が必要ないぼは、ウイルスが原因でできるウイルス性疣贅です。

尋常性疣贅はウイルス性疣贅の一種となっており、病院では液体窒素療法で治療することが多いとされています。

治療効果は非常に高いとされていますが、だいたい3ヶ月程度は病院に通院しなければなりません。

ヨクイニン治療が必要ないぼは?

ヨクイニン治療が必要なイボは、ウイルス性疣贅と老人性疣贅です。

なお、皮脂が溜まってできるとされる脂漏性角化症は、老人性疣贅のことを指します。

ヨクイニン療法は外科的な治療法ではなく、ヨクイニンエキスを配合した医薬品を服用する治療法です。

上記で説明しましたように、ヨクイニンエキスにイボのウイルスを撃退する力はありません。

ただ、イボは免疫力が低下している時にできやすいと考えられており、ヨクイニンエキスには免疫力向上作用があるため、イボの治療につながるとされています。

ただし、治療期間は非常に長く、中には1年程度服用し続けてイボの治療効果を実感したという方もいるようです。

レーザー治療が必要なイボは?

レーザー治療が必要なイボの種類は、ウイルス性疣贅です。

レーザーによる熱エネルギーでイボのウイルスを撃退するのですが、保険の適用外であるため、高額な出費となることもあります。

イボを治療したら感染しない?

手のひらのいぼの治療が完了したとしても、再びいぼができないとは限りません。

いぼのウイルスには感染力がありますので、皮膚に傷があったり、免疫力が低下している状態だとウイルスに感染し、いぼが再発する可能性があります。

免疫力を高めるためにも普段からヨクイニンエキスを摂取し、かつ皮膚に傷ができたときは絆創膏などでウイルスが侵入しないようにすると良いでしょう。


pagetop