手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

肌に合わないクリームも稀にある

いぼ対策クリームは安全なの?

肌に合わないクリームも稀にある肌に気を遣っている人は、いろいろな肌ケア製品を使用されているのではないでしょうか。しかしケア製品を使った時、特に問題が起こらないという人もいれば、副作用が起きたという人もいらっしゃるでしょう。

肌が敏感な人やアレルギー体質の人の場合は特に、使う用品に含まれる成分のチェックが必要となります。また、他の人は大丈夫でも自分には合わない、といったクリームがあるかもしれません。

いずれにしても、肌ケア製品を使う場合は主要成分を調べる事は重要です。では、いぼ対策クリームに使われる成分は基本的に安全性があるのでしょうか。結論から言うと安全性は高いです。

特に問題が指摘されている成分は見られません。商品によって使う成分にいくぶん違いがあるものの、共通して使われる主な成分はリスクの低いものです。

いぼ対策クリームのメジャー成分は?

いぼ対策クリームによく使われる成分は、杏仁エキスとヨクイニンエキスです。どちらも、比較的有名なものであるため、名前を聞いたことがあるかもしれません。杏仁エキスはあんずの種子から抽出したエキスです。

その特徴は5種類の脂肪酸です。ステアリン酸、リノール酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、そしてオレイン酸です。どれも肌にうるおいや柔軟性を与えたり、水分蒸発を防いだり、健康な肌に欠かせないビタミンAをサポートしたりなど美肌に有用な作用を持っています。

特に注目のパルミトレイン酸は、角質軟化作用が期待される注目の脂肪酸です。このエキスは、天然植物由来のため、副作用などは特に心配する必要はありません。

ヨクイニンエキスはハトムギ由来のエキスです。昔からよく使われている成分で、角質や代謝の低下でザラザラになってしまった肌をケアするのに使われます

保湿作用のあるアミノ酸も含んでいて、肌のうるおいをキープするとされます。このヨクイニンエキスも特に毒性はなく、心配する必要はないでしょう。

一応パッチテストを行おう

基本的に問題の少ない成分が使われているとはいえ、人によっては、稀に肌に合わないということもありえます。そのため、使用の前に一度パッチテストを行うと良いでしょう。

パッチテストは腕の裏で行うのが一般的です。入浴後に二の腕に塗ってみて、24時間様子を見ます。その結果、赤みやかゆみなどが出ないようであれば、使っても問題が無いと判断して良いでしょう。逆になにか以上が出た場合は使用を中止してください。


pagetop