手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

思春期や成長期などにも手のひらのストレスが増える

手の不調は老人だけのもの?

思春期や成長期などにも手のひらのストレスが増える手は顔や首などと同様よく目立つ部位です。また体の中である意味一番動きの激しい部位です。そのため、皮膚が強い反面、傷ついたり肌荒れしたりしやすい部位とも言えます。

例えば、手にできるつぶつぶなどは、日常生活で傷ついた手にウイルスが侵入して起きることがあります。ウイルスはどこにでもいるもので、気が付いたらいつの間にか感染していたというのはよくある話です。

手のつぶつぶに関しては、ウイルスだけでなくよく加齢によるものが指摘される事もあります。加齢によってターンオーバーが乱れて皮膚の状態が老化し、結果的に肌荒れするという感じです。

しかし、手の不調は何も年齢の進んだ人の話だけではありません。思春期や成長期などの人にも関係してくることです。

若い人の手のリスク

手のつぶつぶは肌の老化や衰えによるものの場合があります。肌が弱くなる原因は何も加齢によるものだけではありません。他にもダメージを与える要素があります。例えば紫外線です。

紫外線のリスクについては、これまでかなり語られてきています。紫外線は大量に浴び過ぎると肌ダメージを与え、シミやつぶつぶの原因となります。紫外線を浴びると皮膚にはメラニン色素が形成されます。

その色素は正常なターンオーバーによって最終的に皮膚の表面に押し上げられます。そしてはがれ落ちます。しかし、肌の不調に伴ってメラニンが剥がれずに蓄積するとシミになり、それが盛り上がっていくといぼになります。

若い人の場合は外で部活動をしたり、遊んだりすることが非常に多いと思います。紫外線を浴びる量が多いと、その分紫外線リスクは伴ってくると言えるでしょう。若いからと言って油断せず、紫外線対策を心がける事は重要です。

ストレスにも注意

若い人はストレスをたくさん感じやすい年代と言えます。体のいろいろな変化があったり、将来への不安や家族や友人たちとの関係においても悩む事が多いでしょう。ストレスが多いと自律神経が乱れることがあります。

それによって、ホルモンのバランスも乱れてしまうようになります。その結果、ターンオーバーが崩れてくることもあります。そして、やはり肌の不調が起こってしまい、結果として肌の衰えが表面化する可能性があります。

また体の乱れによって、ウイルスに対する抵抗力が落ちて、その結果ウイルス性のつぶつぶを引き起こす可能性も否定できません。そのため若くてもストレスに対する考え方をしっかり持っておく必要があります。


pagetop