手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

シャンプーやボディソープによっては肌荒れを起こすかも

シャンプーやボディーソープで気をつけるべき事

シャンプーやボディソープによっては肌荒れを起こすかもシャンプーやボディーソープは毎日のように使うものです。その分、質や効果にこだわっている人も多いでしょう。一方あまり気を遣わずに安い商品を使う人も少なくないかもしれません。

しかし、肌ケアのことを考えると、シャンプーやボディソープの使用に関しては注意すべきことがいろいろとあります。商品の中には洗浄力がとても強いものがあり、場合によってはそれが原因で、頭皮だけでなく手のひらの肌荒れを起こしてしまう危険性があります。

安価なシャンプーの中には、泡立ちが良くて一見良さげに見えたとしても、逆に皮脂を落とし過ぎてしまって肌荒れを起こすものがあります。ちなみにアミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が比較的弱い分、肌には優しめです。

このように、見た目や価格、泡立ちだけでシャンプーを選ぶ事はできません。ボディーソープに関しても同様で、洗浄力が強すぎて脂分が落ち過ぎてしまうと、肌荒れという結果になる場合があります。

シャンプーやボディーソープを扱う手のひらにしても、摩擦や液体で肌荒れを起こす可能性は否めません。

いぼ対策クリームは安全なの?

では、いぼ対策クリームを使うことは、肌荒れという観点から、安全と言えるのでしょうか。いぼ対策クリームによく使われる成分は、杏仁エキスやヨクイニンエキスです。これらの成分はもともと、肌に潤いやなめらかさを与えるといった効果が期待できます。

そのため、基本的にいぼ対策クリームそのものの安全性は心配する事はありません。ただし前述のように、シャンプーやボディーソープで肌が荒れてしまっている状態の場合、クリームの多用で、やりすぎケアになる可能性は否定できません。

特に、もともと肌が弱い人やアレルギー持ちの人についてはそう言えます。実際、シャンプーやボディーソープとは違いますが、ある商品のQ&Aコーナーでは「化粧水や美容液と一緒に使えるか?」という質問に対して「やりすぎケアは肌を衰えさせてしまう原因になるため、肌の様子を見ながら適度にご利用ください」とあります。

そのため、あまり肌に合っていないシャンプーや、ボディーソープを使っている時は注意してください。

総合的なケアを意識するのが大事

このように、肌のざらざらやつぶつぶなどを解消したい場合は、使うクリームそのものだけでなく、普段肌に使っているシャンプーやボディーソープ、ハンドクリーム、その他の化粧品において、刺激の少ないものを総合的に使う必要があります

また当然ですが、紫外線や乾燥など外的な要素にも注意する必要があります


pagetop