手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

手のひらのいぼを少しでも減らす生活習慣

いぼを生む良くない生活習慣とは?

手のひらのいぼを少しでも減らす生活習慣手に出来てしまういぼの大きな原因としては、ウイルスによるものがあげられます。

しかしウイルスだけでなく、生活習慣が影響して、つぶつぶが出てきてしまうこともあります。ではどのような生活習慣が問題を引き起こすのでしょうか。

例えば寝不足があげられます。早寝早起きはいつも健康の秘訣として指摘されます。良い睡眠が出来ていないと、成長ホルモンが不足することがあります。成長ホルモンは、しっかり寝ている時に分泌されるものです。

これが起きると、肌のターンオーバーがうまくいかず、結果的に肌にメラニン色素を皮膚内に残したり、それが蓄積していぼになるといった状況が発生します。

食生活の乱れもターンオーバーを乱す要因です。美肌を作るのに必要な栄養素を含む食材を摂らず、ジャンクフードなど栄養価の低いものばかり食べていると、栄養不足になる可能性が高まります。そうなってしまうと、やはり肌トラブルが起きる環境が作られることになります。

食生活で意識すべきこと

食生活を改善するために、どのような事を意識すると良いのでしょうか。まず、血液の流れを良くする事が挙げられます。血液は体中に酸素や栄養素を運ぶ役割を担っています。しかし血行が悪くなっていると、細胞は栄養が足りない状態になります。

それによって、肌も自ずと健康を失ってしまいます。そのため、ビタミンEや鉄分を意識的に摂取する事が必要です。

ビタミンEは、老化の原因としてよく指摘される、活性酸素に対抗するビタミンで、血行促進に寄与します。鉄は血の成分であるヘモグロビンに必要な物質です。さらにターンオーバーを促進するのが亜鉛です。亜鉛は活性酸素除去に役立つ酵素を産出します。

体の栄養は腸内環境が整っているとよく吸収されます。そのため、発酵食品や食物繊維といった、腸内環境正常化に役立つ栄養素も取り入れていくと良いでしょう。

注意すべき他の要素

睡眠や食生活だけでなく、たばこやアルコールの摂取にも注意が必要です。「たばこは百害あって一利なし」と昔から言われています。

またアルコールも大量に摂取すると、体を壊してしまいます。もし可能な場合は、これらの嗜好品の摂取を見直すと良いでしょう。

ストレスや運動不足にも注意です。ストレスは万病の元で、気付かないうちに肌を含む体の問題を表面化させます。睡眠時だけでなく、運動をすることでも成長ホルモンの分泌がされます。

しかし、運動不足だと血行不良やターンオーバーの遅れをもたらします。適度な休憩やリラックスタイム、運動タイムをとることが重要です。


pagetop