手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

日焼けや食生活の悪化も手のひらのいぼの要因

手のいぼの要因には何がある?

日焼けや食生活の悪化も手のひらのいぼの要因皮膚の疾患やトラブルにはいろいろなものがあります。そして、その原因となるものも様々です。手のいぼに関していうと、ウイルス性によるものが多いです。

もともと酷使され、傷つきやすい手は、傷口にヒトパピローマウイルスなどが入り込んで、いぼを作り出してしまうことが珍しくありません。しかし手のいぼの要因には他にも考えられる要素があります。

それは、日焼けや食生活の悪化などです。それぞれの可能性について見てみましょう。

日焼けの肌ダメージが起きる?

日焼けが肌に悪い影響を与えるという点は、特に真新しい点ではありません。日焼けというのは紫外線から起きるものであり、紫外線は体に悪いイメージがあるからです。

日焼けのメカニズムを簡単に言うと、皮膚は紫外線をたくさん浴びると、炎症を起こすことがあります。またメラニン色素が皮膚に産出されます。

本来、ターンオーバーが順調に機能していると、メラニン色素は皮膚の表面へとだんだん押し上げられていきます。そして角質といっしょに剥がれていきます

しかし、ターンオーバーが乱れていると、メラニンがそのまま蓄積してしまうことがあります。それがシミとなり、そのシミが隆起していぼになったりします。

食生活の悪化も要因

食生活が良くない事も肌トラブルの原因になりえます。食は人の体をつくるものです。皮膚も細胞から出来ていて栄養素を必要としています。そのため、乱れた食事は問題を引き起こします。

肌は、セラミドや天然保湿因子などによって水分が保たれています。これら美肌に欠かせない成分を維持するためには、それに必要な栄養素を補給する必要があります。

たんぱく質、必須脂肪酸、亜鉛、ビタミン類などはどれも欠かせません。例えばビタミンAは角質層の天然保湿因子が生まれるのを助けます。そして皮膚の健康を保ちます。そのため、これが不足すると、角質層のみずみずしさは衰えてしまいます

紫外線対策や食生活の改善を心がける

このように、紫外線という外部の刺激や、食生活という体の内部の問題をしっかり意識する事が重要です。紫外線対策としては、つばの広い帽子をかぶったり、日傘を使うなどといった対策を心がけましょう。

また食生活に関しては、上記であげた肌に必要な成分をしっかり摂り入れる対策が求められます。

もちろんこれら以外にも、成長ホルモンをしっかり出すための良質な睡眠、たばこや過度のアルコールの摂取を控えて肌のターンオーバーを乱さないことなど、トータルケアが欠かせません


pagetop