手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

ハンドクリームと合わせると肌荒れするかも

ハンドクリームの主な成分と特徴

ハンドクリームと合わせると肌荒れするかも乾燥する季節になると、ハンドクリームを多用する人は少なくないと思います。また水周りの仕事が多い人も、保湿のためにハンドクリームを使う場面が多いでしょう。

ハンドクリームにはいろいろな成分が使用されます。その中でも非常にメジャーな成分なのが尿素です。尿素はわりと昔から、角質ケアをするための成分として使われてきました。

医薬品利用もされる成分です。尿素のメリットやデメリットについて見てみましょう。

尿素のメリットとデメリット

尿素は人間が持っている成分の一つで、角質層にも若干含まれているものです。尿素のメリットの一つはその保湿力にあります。なじみやすい性質があり、水分をくっつけやすい性質もあります。

そのため、保湿作用があります。さらに尿素は、肌を柔らかくしてくれる効果があります。人間の体の皮膚の角質はたんぱく質でできています。尿素を使うとこのたんぱく質の結合が切断されます。

肌を柔らかくするため、角質のゴワゴワ感を軽減することにつながります。尿素は角質が硬くなっている肌の対策にメリットがあります。尿素はピーリングの作用と同じような働きを持っていると言う事です。

一方尿素のデメリットは、角質を溶かしてしまうことです。さきほどのメリットとこのデメリットは表裏一体の関係にあります。なぜこれがデメリットになるんでしょうか。

実は肌の角質層は通常、ターンオーバーを通して更新されていきます。このターンオーバーのサイクルは、加齢などによって遅くなる場合があります。

遅い場合には古い角質にアプローチするこの尿素の作用はいいとして、まだ剥がれ落ちるタイミングではないのに尿素の作用が働いてしまうと、逆に角質の機能が落ちてしまいます

硬くない角質を不用意に「柔らかくしてしまう」ため、未成熟な肌質になります。

ハンドクリームといぼクリームの併用

いぼクリームは、古くなった角質に水分をもたらしたり、柔らかくしたりするために使われます。このクリーム自体には、刺激性の高いものは特に含まれてはいません

しかし敏感肌の人やアレルギー体質の人などは、パッチテストをしてから使用する事が望まれます。またここまで見てきたように、ハンドクリームをむやみに使って、尿素で皮膚の状態が不調になったところにいぼ対策クリームを使ってしまうと、場合によってはやりすぎケアになる可能性もあります。

そのため、ハンドクリームとの併用は避けたほうが無難です。いぼ対策クリームそのものに、肌をなめらかで、すべすべな状態にする作用があるとされるため、肌が弱めな人は、まず単体で使うようにすると良いでしょう。


pagetop