手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

クリームの使用に適しているのはお風呂

お風呂の後は乾燥しやすい

クリームの使用に適しているのはお風呂お風呂というと、一日の終わりにゆっくり体を休められる瞬間です。肌の汚れを落として体を休めると、リラックスしてゆっくり寝られるようになります。しかし意外に、入浴の時間は肌にとってリスクの高い時間でもあります。

湿度が高い風呂場にいるのに、なぜ乾燥のリスクがあるのでしょうか。厳密に言うと、入浴の仕方によっては湯船の中で、入浴後はお風呂上がりに乾燥のリスクがあります。

まず、なぜ湯船の中で乾燥のリスクが高まるかを説明しましょう。熱いお湯が大好きな人も多いと思います。しかし厚いお湯に入ると、皮膚の皮脂膜が溶けてしまいます。また、角質層にある保湿成分も流れてしまいます

そうなってしまうと、水分につかりながら乾燥肌に近づいていることになります。そして、その状態で風呂場から出てタオルで体を拭いても、しっかり保湿対策をしないと体は乾いてしまいます

風呂場という一見保湿に良さそうな環境が、実はがさがさを生みだす環境ということがあります。

入浴時にクリームを使って保湿する

入浴そのものを工夫する他に、しっかり保湿対策をする事も意識しないといけません。保湿用のクリームやオイルを使って素早く保湿することによって、乾燥を防げるようになります。

保湿のためのクリームやオイルとしておすすめ出来るのは、いぼ対策用のクリームです。保湿といぼとは、一見結びつきがないように思えるかもしれません。

しかし実際には、いぼ対策クリームに含まれている成分は、肌の乾燥を意識した成分となっているため、保湿クリームのように使うことができます

いぼ取りクリームに使われている成分

では、具体的にどのような成分が使われているのか、少しだけ説明します。まずメインの材料としてよく使われているのは杏仁エキスです。杏仁エキスはあんずの種から抽出される植物性オイルです。

このオイルの特徴は、脂肪酸が複数入っていることです。例えばパルミトレイン酸という脂肪酸です。この脂肪酸は赤ちゃんの肌に豊富に含まれているもので、保湿・整肌剤として配合されるのが一般的です。

角質を柔らかくする働きが抜群で、乾燥を防ぐ成分です。杏仁エキスには他にも、うるおいをもたらすステアリン酸や、健康な肌をつくるビタミンAを助けるパルミチン酸、水分所はつを防ぐリノール酸なども含んでいます。

また、いぼ取りクリームのほとんどは、肌をなめらかにしたり美容効果が期待できる成分がプラスアルファで配合されています。総合ケアとして、入浴後にクリームを使用するのは良い方法です。


pagetop