手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

手のひらのいぼやプツプツをなくせるケアクリーム使ってみた!

てのひらに出来たプツプツとしたいぼ、年齢を感じさせてしまうものだけに、人には見られたくないですよね。搭載とでは、手のひらのいぼの原因とその対策、そしていぼを無くす効果が期待できるケアクリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

手のひらのつぶつぶは加齢とともに増える

手にできるつぶつぶって何なの?

手のひらのつぶつぶは加齢とともに増える皮膚上にあらわれる肌荒れはいろいろとあります。手のいぼはそのうちの一つです。手につぶつぶが出来たとしても不安になり過ぎる事はありません。いぼは必ずしも悪性の病気とは限らないからです。

手のいぼの原因には大きく分けて2つの要素が関係しています。ウイルスが原因になるものと老人性のもの(加齢によるもの)です。ウイルス性のものの場合はヒトパピローマウイルスに感染して起こる場合があります。

このウイルスは色々な場所に存在しているため、リスクは常にあります。ちょっとした傷が原因でそこにウイルスが入り込んで固まりを形成してしまいます。ちなみにウイルス性のいぼは指や足裏によく出来ると言われています。

これらの部位は角質が厚くなっているところです。角質をベースにしてウイルスは増殖していきます。ウイルス性のものの場合は気になるからといって触りすぎてはいけません

切ったり擦るようなダメージを与えてしまうと、いぼが拡がってしまうこともあり得ます。

いぼは加齢による場合もある

ウイルス性の場合ではなく、老人性のものである場合もあります。老人性のものはよく脂漏性角化症老人性疣贅とか呼ばれます。これは良性の腫瘍です。つまり仮に放っておいたからと言って何か大きな問題が起こるわけではありません。

体に悪影響はなく、単に見た目が悪くなるだけです。人の体にはターンオーバーという肌の生まれ変わりのサイクルがあります。このサイクルによって肌の角質層は更新されていきます。

しかし加齢などによってターンオーバーが乱れると、角質層が剥がれ落ちずにそのまま残ってしまうこともあります。それによって、残った角質層がたまって硬くなり、つぶつぶを形成するようになります。

手にいぼが出来たらどうする?

手にいぼが出来ているのが分かったら、まずはそれがウイルス性のものかを判断する必要があります。自分で見分けるのが難しい場合は、病院で診てもらうのが一番です。ウイルス性の場合はさらなる伝染の可能性を考えて早期治療が必要です。

ウイルス性のものでない場合でも、手の適切なケアが必要となります。加齢による肌のターンオーバーの乱れを劇的に改善するのには限界があるものの、手の乾燥を防いで保湿するなどによって、肌の老化状態を少しでもやわらげることは可能でしょう。

手はよく使う部分で、見た目にも感触的にもつぶつぶが気になる部位です。早めの対策をほどこしましょう。


pagetop